シリーズ一覧

ラングリッサー
(1991年 メガドライブ)

聖剣ラングリッサーを狙うダルシス帝国によって滅ぼされたバルディア王国。王国の王子レディンはラングリッサー奪還と帝国打倒のために戦いを繰り広げる。メガドライブで発売されたシリーズ1作目の作品。

ゲーム画面

ラングリッサー~光輝の末裔~
(1993年 PCエンジン)

1991年に発売された「ラングリッサー」をPCエンジンにてリメイクした作品。

ゲーム画面

ラングリッサーⅡ
(1994年 メガドライブ)

旅人のエルウィンは、レイガルド帝国兵に襲われていた少女リアナを助ける。少女の保護のために戦うエルウィンは、やがて帝国との戦争に身を投じることになる。シリーズ内でも高い戦略性を持つと言われるシリーズ第2弾。

ゲーム画面

デアラングリッサー
(1995年 スーパーファミコン)

ラングリッサーⅡのストーリーとシステムを基盤として開発されたタイトル。ストーリーの多様な分岐とキャラクターの追加を行った、シリーズ最高傑作との呼び声も高い作品。

ゲーム画面

ラングリッサーⅢ
(1996年 セガサターン)

豊かだったラーカス王国は、リグリア帝国の強襲によって滅亡の危機に瀕してしまう。王国復興を志す騎士ディハルトは、帝国や闇の勢力を交えた戦乱に巻き込まれていく。3作目にしてラングリッサーの起源が描かれた、シリーズ原初の作品。

ゲーム画面

デアラングリッサーFX
(1996年 PC-FX)

1995年発売のSFC「デア・ラングリッサー」のPC-FX移植作。

ゲーム画面

ラングリッサーⅣ
(1997年 セガサターン)

ゴタール村に住むランディウスは、レーゲンブルグ連邦王国のギザロフ元帥によって妹と村の宝「賢者の水晶」を奪われる。カコンシス王国を頼るランディウスだが、やがて両国の戦争に巻き込まれていく。次回作につながる壮大なシナリオを持つ第4作。

ゲーム画面

Ⓒextreme ⒸATLUS

ラングリッサーⅤ~The End of Legend~
(1998年 セガサターン)

ギザロフ宰相の反乱によって混乱するレーゲンブルグ連邦王国。ギザロフによって作り出された人造兵シグマは戦乱の中で自分の正体と、世界の秘密を知ることになる。SF要素も取り込んだ、シリーズ最終作品。

ゲーム画面

Ⓒextreme ⒸATLUS

ラングリッサー ミレニアム
(1999年 ドリームキャスト)

ラングリッサーの新たな物語として、神剣士の戦いが始まる。3Dで描かれる数多くのキャラクターと様々な土地で壮大な戦闘が描かれた作品。

ゲーム画面

ラングリッサー ミレニアム WS
~The Last Century~
(2000年 ワンダースワン)

暗黒時代(ダークセンチュリー)と呼ばれるようになった世界。封印された超文明の遺産がこの世に再び現れる時、運命の流れは、ひとりの少年を巻き込んでいく。

ゲーム画面

ラングリッサー リインカーネーション-転生-
(2015年 ニンテンドー3DS)

新たなラングリッサーの伝説を描くシミュレーションRPGとしてニンテンドー3DSに登場。
妹を救う旅に出たアレスと仲間たちは、光輝軍・帝国軍・闇の軍勢の争いに巻き込まれていく。

ゲーム画面

スマートフォン版ラングリッサー
(中国:2018年 iOS/Android)

日本国内のみならず、海外でも絶大な人気を誇る『ラングリッサー』シリーズがスマートフォンゲ―ムとして生まれ変わる。歴代作品が持つ魅力はそのままに、最新の技術を駆使して、さまざまな要素がパワーアップした完全新作。

ゲーム画面

Ⓒextreme ⒸZilong Game Limited

ラングリッサーⅠ&Ⅱ
(開発中 PlayStation(R) 4/Nintendo Switch(TM))

ラングリッサーの原点となったシリーズ1作目と2作目を最新プラットフォームでリメイクした作品。
より遊びやすくゲームシステムを最適化しただけでなく、キャラクターデザインのリファイン、シナリオのフルボイス化、新規アレンジ楽曲を多数収録など、様々な新規要素を盛り込んだシリーズ最新作。

ゲーム画面

©extreme ©Chara-ani Corporation
※画面は開発中のものです。